読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディズニーに100回超行った男が教える玄人的パークの周り方【ディズニーシー編】

みなさんこんばんは。ディズニーに100回超行った男が教える玄人的パークの周り方【ディズニーシー編】です!!(タイトルを少し変えました。理由は読んでいただければわかると思います。)

クリックすると新しいウィンドウで開きます

今年15周年を迎えた東京ディズニーシー。また大人気アトラクション「ストームライダー」が終わったこともあり注目を集めました。また来年にはNEWアトラクションがオープンしたりとますます目が離せないパークです。では早速本題に入っていきましょう。ただし、かなりシステマティックに書きます。それがめんどくさい人は太字だけ読み、おすすめポイントまで飛ばしましょう。

ディズニーシーの周り方の基本は【”半”時計回り】です。

え?いきなり何言っとんねん。ってなると思います。

まずはこちらの全体図をご覧ください。(アルファベットは無視してください)

東京ディズニーシーは真ん中に1つのエリアとまわりを6つのエリアが囲んでいます。これを入口のエリア(メディテレニアン・ハーバー)から左のエリア(アメリカンウォーターフロント)へ移動し上のエリア(ポートディスカバリー)と移動していく形をとるのが良いかな、と思います。理由は簡単。ディズニーシーは人気アトラクションがパークの西に集中しています。ですから、有名アトラクションに乗りたい人にとってはディズニー東部には何の価値もありません

では実際にどのように周るのか。一例を挙げながらご紹介。

9:00 開園

9:30 入場

9:40 トイストリー・マニアのファストパスをとる(この時点でとったファストパスは混雑時の場合すでに19:00~を超えている可能性が高い)

10:00 タワーオブテラーにスタンバイ(並んで乗ること)で乗る。かなりの混雑時でない限り、この時点でタワーオブテラーは90分未満で乗れるはず。

このプランであればかなり混雑していても9:00に舞浜駅集合で問題なく待ち時間も少なく人気アトラクションに乗れるわけです。

正直この2つのアトラクションに乗れ(ファストパスで乗る権利を得ることも含め)てしまえば、あとは余裕です。インディージョーンズ:アドベンチャーや、レイジングスピリッツ、センター・オブ・ジ・アースは後述する空く時間帯があるので、それに合わせてスタンバイで乗る、もしくは余裕があればファストパスを確保してもよいでしょう。

人気アトラクションが空く魔法の時間

実は人気アトラクションが空く魔法の時間帯があります。それは午後8時以降、すなわち20:00以降です。これはメディテレニアン・ハーバーでショーが行われる時間に近くこのショーを見て帰宅する人が多く、パーク全体の人数が減るためです。ここから人気アトラクションに向かえば待ち時間が少なく乗れるはずです。おそらく40分未満かと思います。計算上閉園までに3つは乗れます。特にインディージョーンズ:アドベンチャーや、レイジングスピリッツはメディテレニアン・ハーバーから見てほぼ真逆の位置にあるため、空きやすいです。

 

こうすると理論上12:00‐19:00までは空き時間ですのでご飯を食べるなり、おみやげを買うなり乗りたりなければアトラクションを極めるもよしです。というわけで、

おすすめポイント

のコーナーです。先の例に従って時計回りにご紹介しましょう。

まずはアメリカンウォーターフロントのSSコロンビア号という大きな船の二階にある「テディ・ルーズベルト・ラウンジ」というバーです。これはお酒好きにはかなりおすすめです。僕はお酒が飲めないのでお酒を飲んでいないのですが知り合いのお酒好きに紹介したところ大変喜んでました。また、雰囲気がめちゃくちゃイイ!テイクアウトも可なので恋人といくにももってこいですよ!!

バーナクル・ビルズというワゴンがあります。ここの骨付きソーセージはぶちウマいです。ビールやノンアルコールカクテルも楽しめるのでアダルトな楽しみ方をしたいというゲストの方は是非!

同じくアメリカンウォーターフロントにあるアトラクション「タートル・トーク」です。実はこのアトラクション、あまり人気がありません。しかし、このアトラクションかなり作りこまれています。実はゲストの持ち物でクラッシュ(カメ。ノリがいい。)の発言内容が変わります。例えばダッフィー。ダッフィーを持っていると、クラッシュに「そこの”イソギンチャク”持っているおねさん!」などはなしかけられますw他にもカチューシャをつけたりサングラスをかけたりしていると・・・?ぜひオシャレをして遊びに行ってみてください!

そしてなんといっても人気アトラクション「タワーオブテラー」を紹介せずにはディズニーシーを語れないでしょう。実はみなさん、あのストーリーの前日談がユーチューブに公式動画として上がっているのをご存じですか?URLを貼っておくので是非ライドする前にぜひご覧ください。5分程度の動画なので待ち時間の間に!

www.youtube.com

なぜハイタワー三世が失踪したのかについてヒントが書かれています。

 

続きましてシーサイドスナックのうきわまん!これ!ほんっとにおいしい。僕と一緒にシーに行った人は十中八九食べたのではないでしょうか。

中身はエビ入り肉まん、といった感じです。プリプリのエビが癖になる食感です。

僕はシーにいったら必ず食べています。ちなみにうきわまんの限定版が出た際にはすぐ売り切れたほどの知る人ぞ知るグルメです。

続きましてポートディスカバリーにあるホライゾンというレストランです。

このレストランはディズニーのキャラクターたちがゲスト⁽お客さん⁾のテーブルを訪ね写真撮影などに応じてくれます。普段は長い時間かけて並ばないと会えないキャラクター達に実質待ち時間なしで会えてしまいます。ディズニーキャラクターが大好きだけど、並ぶのが苦手という方にはぜひおすすめします。

また、来年の五月にはこのエリアにNEWアトラクションがオープンします。内容はファインディング・ニモに出てくるキャラクターと海底を探検するとかいうのだった気がします。

最後に、アクアトピア。これなんですけど、右か左かでコースに内容が変わります。おすすめは。ライドしてすぐ右手に見える岩場をくぐれた男女は結ばれるという謎のジンクスがヲタクの間であります。体感6割型くぐれるので気になってる人がいる人は是非!!

*結ばれなくても僕は一切責任をとれません。

次はロストリバーデルタ。まずは人気の写真スポットの雑学からご紹介。

ここ!

 

 

ここで写真撮る人多いですよね。実はここ、処刑台なんです。処刑台の後ろに階段のようなものがあると思います。よく見ると所々に白骨化した遺体が引っかかっているのが見えます。あの宮殿は最上階から生贄の奴隷を突き落としていて写真の台めがけて突き落としていたそうです。

そしてこのロストリバーデルタを象徴する宮殿の中にあるのがインディージョーンズアドベンチャークリスタルスカルの魔宮」です。スポンサーはパナソニックなんですが、アトラクションに飾られている新聞にはインディにパナソニックが発掘協力をしている記事があったりとパナソニック要素満載のアトラクションです。

アトラクションの内容は考古学者インディが発掘調査中の宮殿にゲストが入っていき、【若さの泉】を発見しよう、といアトラクションなのですが宮殿の案内役であるパコがアトラクション終了時に「若さの泉見つかった?え?そりゃ残念。」といった旨の発言をしており暗にこのアトラクションには【若さの泉】無いように思えます。

しかし、【若さの泉】はあります!ここではヒントだけ出しますね。まずはタイミングですがこれはインディが一度目にロープでぶら下がりながら登場するシーンの直後です。見え方ですが、液体が見えるわけではありません。ですが泉があるというのはわかるはずです。また、並んでいると丸い鏡が壁画を照らしている部屋があります。照らすパターンは確か5、6通りありますがそのうちの一つが正解の位置を照らしています。以上です発見報告お待ちしております。

*ちなみにインディのセリフにはバリエーションがあります。ぜひ何度も乗って確かめてみてください!

次はマーメイドラグーンですこのエリアはアリエルの世界観を再現しています。

セバスチャンのカリプソキッチンというレストランがあります。ここのクラムチャウダーは絶品です。ぜひ召し上がってください。

次はアラビアンコーストです。

入口にはカレーポップコーンの屋台があります。匂いが強烈です。ちなみにシーではここでしかカレー味は食べれません。

さてアラビアンコーストにはアトラクションが少ないです。おすすめのアトラクションはもちろん「マジックランプ・シアター」でしょうね。鑑賞型のアトラクションですが、他のアトラクションでは楽しめないエンターテイメントが楽しめると思います。ジーニー最高!!

次のエリアはミステリアス・アイランドです。

アトラクションが2つしかなくなんともコメントしがたい。中央に位置してることもあり、なんとなく通り過ぎるエリアというう感じ。

そうはいっても「センター・オブ・ジ・アース」は人気アトラクションです。

では「センター・オブ・ジ・アース」に関する雑学を。このアトラクションライド前にエレベーターに乗って地下に降りるというアナウンスがキャストからあり実際にエレベーターに乗り、実際の表示的にも下がっているように思います。しかし、このエレベーター、実は上昇しています!かなり視覚効果を使っているのですが目をつぶって乗ると確かに上昇しているように思えます。またその証拠にアトラクションに乗るまでさしてキューライン(並んで待つときの列の道のこと)に高低差もなく、またアトラクション中も上った分(これも並行移動ばかりで大して上っていません)は最後の落下である程度消化できているはずです。しかし、アトラクションの出口(入口のすぐ近くにあります、つまり高低差は0)に向かうのにかなり階段を使って下されます。つまりエレベーターの時点でかなり上がっているんですね。

このミステリアスアイランド、こうはいっても外せないグルメがあります、ギョウザドックです。肉まんを細長くしたようなこの食べ物、ノーチラスギャレーでたべれます!お酒も一緒に楽しめるので是非。通の間では有名なこの組み合わせ、僕はこの組み合わせは試せないのですが、ギョウザドックだけでもおいしいのできっと楽しんでいただける思います。

さて、反時計まわりの旅を終えると我々は始まりの海メディテレニアン・ハーバーに戻ってきます。このミステリアス・アイランドから通じる道、実は夜行くと結構いいフォトスポットになります!!ぜひここで一枚撮ってみてくださいね!

さて、最後のエリアはそのメディテレニアン・ハーバー

 このエリアはレストランを一つ紹介したいと思います。カフェ・ポルトフィーノです。ここでは手軽なお値段でイタリアンを楽しめます。また、アニバーサリーメニューや季節のメニューもあるのでおすすめです!

長々と書いてきたブログもここまで。いかがだったでしょうか。つたない文章でしたが少しでもパークに行きたくなったり、行った気分になっていただければ幸いです。ここでは多くの人に当てはまるように書きましたがパークには行く人や人数によって楽しみ方が変わります。つまり楽しみ方は人それぞれなのです。是非自分だけの楽しみ方を見つけてみてください!

この冬、大切な家族や友人、恋人と素敵なひと時を東京ディズニシーで過ごしてみませんか?

 

では次回【ディズニーランド編】でお会いしましょう!アディオス!

 

 

ディズニーに100回超行った男が教える賢いパークの周りかた【パーク共通編】

 

みなさんこんにちは。僕は学校やバイト先などでディズニーヲタクを自称しています。

その影響も相まってどのように周るのがよいのか、とよく聞かれます。そこでこのように文章にまとめようと考えました。

この冬友達や恋人、家族とディズニーに行く方へ向けて書いてみようと思います。

まずは先取りとういうかディズニーにおけるあるあるをいくつか挙げながら両方のパークで使えるテクニックなどをご紹介。

 

ディズニーで開園と同時にダッシュしないと!

ありえない!ダメ!絶対!!やめてください。大変危険です。そもそもアーリパークインというシステムがありディズニーのオフィシャルホテルに泊まった人たちには15分早くパーク入る権利が与えられているのでそもそも競うこと自体無意味です。え?それじゃファストパスどうすんねん!結論、そんなに急ぐ必要ありません。これについては後程詳しく書きます。

ショーの抽選が当たらない

これは重要問題。気になる人や家族とショーを見れば特別なひと時にさらにアクセントを加えることができるでしょう。もしこの抽選、当選確率を上げることができると言ったら?実はあるんです。そのコツとは抽選終了10分前に駆け込めです細かいことは省略しますがディズニーの抽選システム上これは最も合理的です。ちなみにこの方法は一緒にいく人数が少ないほど効果的です。余談ですがこの話をすると「それは君が年パスだから当たりやすくなってるんじゃないの?」と言われますが僕は混んでいるときに友達などと行く場合は通常のチケットを使うのですが体感確率が変わらないのでそんなことはないと思います。

 

やっぱり朝開園前から並ばないとダメ?

そんなこと一切ありません!失礼な言い方になりますが素人の方が朝から並んで閉演までに乗れるアトラクション数と僕がふらっと15時くらいに行って閉演までに乗る数がトントンくらいになると思います。だから先ほど申し上げた通り、開園と同時に走る必要がないんですね。賢いパークでのファストパスの取り方は基本的に開園前から並んだ場合、最初になにかアトラクションに乗る→ファストパスをとる→また何かに乗る→さっきファストパスをとったものに乗る→以下繰り返し。が効率が良いです最初に乗るのがポイント。ただし入場する時間やパークによって若干差がでるのでさらに詳しいことは個別パーク編でご紹介。

 

結局どっち行くのがおすすめ?

 これもよく聞かれますが目的や行く人の趣向によって異なるので一概にどっちとは言えませんがこれから書くパークごとの記事にはこのスポットはこういう人におすすめです!という風に書くようにするのでそれを参考にしていただければ、と思います。

 

パーク共通編は以上になります。

次回の個別パーク編ではおすすめスポットはもちろんのこと、前回のツイッタークイズで紹介しきれなかった雑学などを交えながら、楽しくパークを回る方法を紹介していきます。普段あまりパークに行かない方にはもちろん、すでにパークを知り尽くしたという方にもパークにすぐに行きたくなるような記事をかければよいな、と思います。つたない文章ですが最後までお付き合いください。

 

共通編は以上です。次回「東京ディズニーシー編」でお会いしましょう!

 

 

 

 

ツイッターけいどろとスコットランドヤード(ボードゲーム)の関連性について

ツイッターけいどろに参加してきた!

20160522twitter%e3%81%91%e3%81%84%e3%81%a8%e3%82%99%e3%82%8d_8774

twitterけいどろとはtwitterを駆使した、情報戦のけいどろです。

泥棒は上の写真のような貼り紙を背中に貼って渋谷を歩き回り、警察はtwitter上の情報を頼りに泥棒を逮捕します。

上の写真のような恰好をした泥棒が逃げ回るので張り紙を見た一般市民のツイートを元に警察は泥棒を捕まえるわけです。ただしそれだけでは丁寧に写真付きでツイートしてくれる聖人がいない限りあまり手がかりになりません。なので泥棒は運営アカウントからツイートされ、出されるミッションをクリアしないと失格になりつかまってしまいます。逃走中をイメージするかもしれませんが大体あってます。ちょうど主催の非日常クリエイター堀元さんが記事を公開したので僕も感想と自分のプレイングを時系列順にだらだらと振り返っていきたいと思います。

ツイッターけいどろは警察側が不利なゲームである

実はこの企画は主催である堀元さんがかなり時間と手間をかけて用意された企画であり模擬プレイが小規模ながら行われていた。僕はそれに泥棒側で参加したのだが、その中であることに気づいていた。それが上記の通りツイッターけいどろは警察側が不利であるということだ。これは本番のあと堀元さんにうかがったところ「やっぱり?」とおっしゃっていたので間違いないのだろう。なぜこれに気づいたのかというと模擬プレイ中に

ハチ公をなでる写真をとれ!

というハチ公前で張り込まれたら一網打尽にされそうになるミッションが出たにもかかわらず、誰一人泥棒が捕まらなかったのだ。当然警察側はミッション発令のツイートを見てすぐにハチ公前に向かうが逮捕できない。模擬プレイ後の感想では「意外と見つけにくい」とのことだった。その後も僕を含む泥棒側が警察を簡単にかわしていき模擬プレイは終了した。この時点で僕は警察側で参加しようと決めた。

本番当日~開始5分の絶望と裏垢作成の意図~

本番当日僕は開始早々絶望することになるなんとミッションのタイプが大幅に変更されていたのである。模擬プレイでは先ほど述べたようにかなり場所がわかりやすいミッションばかりだったので僕ら(警察は二人一組で行動する)は中間地点で待機しミッション発令とともにその場所に向かおうと考えていた。この動きはボードゲーム好きならすぐにピンとくるだろう。そう、タイトルにもある「スコットランドヤード」における序盤の鉄則である。模擬プレイの段階からこの動きをすれば完璧に行動できると確信していた。しかしミッションの内容は標識が4こあるものを探せ、特定のステッカーがある看板をさがせ、など。ステッカーについてググっても情報なし、そして顔をあげればそこら中に指定の看板が・・・僕らは完全に機能停止していた。ここで満を持して裏垢の登場である。裏垢に関しては堀元さんが一生懸命説明されているときに作りました。裏垢で何をするかというと誤情報を流してかく乱を図るのだ。事前に配布された地図にミッション範囲の端の目印になる場所が丁寧に住所まで書かれていたのでミッションのどこかで必ず絡んでくると思い目印の一つのタワーレコードに集合するように誘導する偽のミッションを発令した。しかし実際は泥棒側は泥棒自身のTLを追いかけていたのだろうのちに聞くとあわてていたのは運営だけに等しかった。そもそも偽アカウントでつぶやいたのはすぐにばれてしまう。本当の狙いはタワーレコード側で待ち伏せるのではなくタワーレコードで待ち伏せると思わせ、そちら側から逆の方向に誘導しようという狙いだったのだが、まさか見られてすらいないのは誤算だった。こうして見事に警察側の足を引っ張ってしまい警察側の敗北を招いてしまった。

最後に~市民の皆様にお願い~

渋谷で泥棒見つけたら通報してください!!!!ハッシュタグも忘れずに!

 

 

以上です。最後までお付き合いいただきありがとうございました、読みづらくて申し訳ありませんでした。散々ネガティブなこと書きましたがとても素晴らしい企画だったと思います。運営の方々、本当にお疲れ様でした。運営の丁寧さはとても感じました。これだけの感想が簡単にかけてしまことが何よりこの企画の素晴らしさの証明だと思います。堀元さん、楽しまさせていただきました、ありがとうございました。

 

 

ps:堀元さんへ まさかあの人が出資者で黒幕だったとは・・・笑